あるはみ出し者(ジョーカー)達の日常verソウサク 7-1話

宮月美弥はトイレの個室で用を足しながら、ぼんやりと考えていた。
……はぁ、と小さく溜め息を吐く。
どうして、こんな妙な事になってしまったのだろう……?
宮月美弥は自覚していた。
自分は他人に流されやすく、自意識も曖昧で、気弱……誰かに強く頼まれたら、断れない性格である事を。
そして、そんな自分がずっと嫌いだった。
何もできない、自分の意見すら言えない、空っぽな自分が大嫌いだった。
だからこそ、我が強く、嫌な事を嫌とはっきり言い切り、自分の意志を貫ける……そんな強さに憧れた。
……そう。
七瀬愛梨や凍川葵のような、ちゃんと「自分」を持っている人に憧れたのだ。
周囲に合わせる事なく、我が道を真っ直ぐに突き進む凍川葵。
周囲を自分の流れに上手く誘導してしまう七瀬愛梨。
種類は違えど、自分を貫ける強さを持つ二人に憧れた。
だからこそ七瀬愛理が、凍川葵を呪いの儀式の対象にしようと誘ってきた時は心底驚いた。
自分のイメージしていた「強くてなんでもこなしてしまう七瀬愛梨」という人物像から、かけ離れていたからだ。
七瀬愛梨ほどの強さを持つ人間でも、劣等感を持つ事があるのだと悟り、酷く驚愕した。
酷く驚愕して――それ以上に、ショックだった。
落胆した、と言ってもいい。
七瀬愛梨だって、自分と同じ人間なのだ。
悩みもするし、自分と同じように劣等感だって持つ。
誰かを激しく憎悪する事だってあるだろう。
考えてみれば、当たり前の事。
だというのに、七瀬愛理に勝手に期待して身勝手に失望している自分自身の小ささに幻滅し、更に落胆した。
はぁ、ともう一度、小さな溜め息を吐く。
……宮月美弥が呪いの儀式に参加したのは、勿論、凍川葵が憎いからではなく、生来の断れない性格から流されただけだ。
そもそも何かが起こる、なんて間違っても思ってはいなかった。
なのに、あんな――……
ほんの十数分前に起きたばかりの奇妙な怪現象が脳裏を過ぎって、ぶるるっと身震いした。
宮月美弥は忘れよう、と努力する。
忘れる為に、様々な事柄を無節操に考えて脳内を埋めていく。
そして。
……ふと、思った。
七瀬愛梨が凍川葵に劣等感を持ったように。
凍川葵も、誰かに劣等感を持っているのだろうか? と。
そこまで考えた時、トイレの外から「カタンッ」と何か小さな物を蹴倒すような、そんな密やかな音が聞こえた。

「……七瀬さん?」

静寂を乱したその音がどうしてか気になり、宮月美弥は小さく呼びかける。

「………………………………」

返事はなかった。
――静寂。
ただ耳に痛いような、圧倒的な静寂が扉越しの世界には満ちていた。
黒く湧き上がる不安。
気が付けば、トイレの外から聞こえていた、江藤敬吾と高槻晶の会話も止んでいた。
ゾワゾワと嫌な予感が、無数の虫のように背筋を這い上がった。
死神に首筋をゾロリと撫でられたような、そんな得も言われぬ不安が、墨を落としたように黒々と広がった。
七瀬愛梨が居ない筈は、ない。
一緒にトイレに入ってきたし、先に廊下へ出ているのなら扉の開く音がする筈だ。
その音もなしに、居なくなるなんて有り得ない。
どんなに気をつけても扉の開く音はするし、それ以前に、そっと出て行く必要だってない。
だから、絶対に居る筈なんだ。
……じゃあ、何故?
どうして、返事がないんだろう?

「七瀬、さん?」

もう一度、そっと呼びかけてみる。

「………………………………………………………………」

返事は、ない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク